あがり症の原因|なかなか克服できないあがり症はインデラルで改善させよう

瓶に入っている薬

あがり症の原因

錠剤とカプセル

あがり症が起こる過程は今紹介した通りですが、人によっては人前に立っても緊張せずに済むこともあります。
この違いはどこにあるのかを知るためにも、あがり症の原因を知っておきましょう。

あがり症の原因と考えられている理由は主に3つです。
「失敗することへの不安」「過度な責任感」「周囲への意識」です。
まず「失敗することへの不安」ですが、これが原因であがり症となっている人が多いのではないでしょうか。
完璧と呼ばれる人は極稀にしかおらず、どんな人でも失敗したときのことを考えてしまいます。
「もし失敗しても○○しよう!」と前向きに考えられる人ならいいですが、「失敗したらどうしよう…。」とネガティブに考えてしまう人も当然います。
こうした不安があがり症を引き起こすのです。

「過度な責任感」もそのままの意味で、ちょっとしたミーティングで発言する場合よりも、社長を前にして重要なプレゼンをするときの方が緊張してしまいますよね。
このように責任を背負い込みすぎることでも、自然と人はあがってしまうのです。

また、周囲から見られているかどうかも大きな原因になります。
例えば、1人で楽器の練習をしているときは何も感じずに出来たとしても、コンクールなど人前で演奏する場合は緊張してしまいますよね。
無意識に見られていることで不安や焦りが生まれてしまっているのです。

あがり症の原因さえわかってしまえば、各原因に適した対処法を取ることもできます。
しかし、長い目で見て、毎日あがり症克服のために動いていれば徐々に改善していくことは可能でしょう。
ですが、人によっては「明日のプレゼンを絶対に成功させたい!」など、緊急を要することもあります。
そこで活躍してくれるのがインデラルです。